新幹線の

種類と愛称

東日本の車両の種類と愛称

東日本では、東北・上越・北陸・山形・秋田新幹線という路線があります。この中でも、最速である車両が、E5系であり、最新の新幹線です。最高速度は時速320kmとなっていおり、特徴的なくちばしのような顔は、近未来を感じさせます。北海道新幹線所有の車両は、同じ種類でもH5系と呼ばれます。E系車両はその他にもあります。1997年運用開始の「こまち」などのE2系やE3系、同じ時期に導入した「MAXとき」などのE4系もあります。

また500系もあり、これは1997年にデビューした車両です。デビュー当時の世界最速を記録し、最高速度時速300kmに達します。こちらもE5系に似たロングノーズの顔を持っています。1999年デビューの700系は、「ひかり」と「こだま」で使用されております。後のN700系や800系の基礎ともなる車両です。2007年デビューのN700系は、「のぞみ」「ひかり」「こだま」で使われています。顔の先端をカモシカのように平べったくした、独特のデザインを持ちます。2004年デビューの800系は、「さくら」や「つばめ」で使用される車両です。700系は近々すべての車両で引退する予定となっており、今後はN700系や800系が代替車両として活躍します。